基礎工事編 (1階部分布基礎)・2階部分耐圧盤基礎)

1. 根切り・砕石敷き込

基礎の深さを設計通りの深さまで地盤を掘り下げ、砕石と言われる砕いた石を敷き込む作業(砕石は現在リサイクルによるコンクリートを砕いたものが多い)

2. 捨コン打ち

基礎の下地となるコンクリートを打設

 

3. 1階部分 配筋工事

1階部分の布基礎配筋

 

布基礎の配筋確認作業

4. 2階部分 配筋工事

耐圧盤配筋 D13㎜@200 ダブル配筋

5. 防湿シート敷き込

建物下全てに防湿シート敷き込、捨コンクリート打ち致します。(1階部分)

6. 土間部分捨てコンクリート打ち(1階部分)

7. 土間配筋(1階部分)

8. 耐圧盤・土間コンクリート打ち込み

9. コンクリート圧縮強度試験の現場抜き取り検査

現場に使用されるコンクリートをミキサー車から直接抜き取り強度試験サンプルに致します

10. 上棟

日本古来よりの木造軸組み
土台の上に柱が乗り、その柱にホゾ穴を空けその穴に梁が掛けられる。

11. 小屋組

一般に言われる和小屋組、最上部のブルーは屋根断熱材です
養生されている無節の化粧柱は千葉県の山武杉です

 

現在の木造軸組みは、柱と梁、梁と梁、梁と小屋束等は羽子板ボルト、カスガイ等の金物で補強を致します。

12. 補強金物

日本古来よりの木造軸組み
土台の上に柱が乗り、その柱にホゾ穴を空けその穴に梁が掛けられる。

補強金物

建物完成写真

 

日本家屋の美しさを表現。

このページの先頭へ

お知らせ

2014.10.16
耐震住宅100%キャンペーンのお知らせ
2014.08.06
住まいる祭り」のお知らせ
2014.02.17
施工事例を追加しました

過去のお知らせ一覧

主な対応エリア

千葉県佐倉市、成田市、千葉市、鎌ケ谷市、白井市、我孫子市、船橋市、市川市、習志野市、柏市、松戸市、八千代市、取手市

弊社はSE構法登録施工店です