地下工事編

1. 土留め用H鋼打ち込み

オーガーで丸穴を空けながらセメントミルクを入れH鋼を挿入「無振動無騒音工事」

2. 根切り

地下の深さを設計通りの深さまで地盤を掘り下げる作業

3. 根切り底の深さ確認

計測機械「レベル」使用で深さを確認(根切り前に地盤改良工事を行った時の、柱状改良の頭が出てきております)

4. 砕石敷き込作業

柱状改良位置を除き砕石を敷き込みます。
4 又、下からの湿気防止の為防湿シートも敷き込みます。

5. 捨コン打ち

建物下全てに防湿シート敷き込後、捨てコンクリートを打設致します。

6. 壁防水準備

土留め矢板に直接繊維系防水紙を貼り付け、防水下地を作ります。(先行防水工法)

7. 防水工事完了

繊維系防水紙に専用防水を塗り込み、床と壁の先行防水完了

8. 床防水保護コンクリート打ち

事前に高さを図ったモルタルポイントに防水保護コンクリート打ち

9. 耐圧盤の配筋工事

地下床の配筋が終わりコンクリート打ち込む前の状況です

10. コンクリート圧縮強度試験の現場抜き取り検査

現場に使用されるコンクリートをミキサー車から直接抜き取り強度試験のサンプルに致します。

 

 

11. 壁配筋工事

床のコンクリート打ちが終わり壁の配筋、又、黒い壁の防水部分が建物外部となります

 

現窓等の開口部にはコンクリートの割れを防ぐための補強の配筋を取り付けます

 

直径100㎜以上の配管部分にも補強の配筋を取り付けます

12. 型枠工事

地下の配筋工事、型枠工事が道路より1m程上がった状態です。この部分から地下の窓スペースを確保致します。
又、壁の内側には断熱材(ブルー部分)をコンクリートと一緒に打ち込みます。

 

道路側の型枠を反しパイプで固定

13. スラブ配筋・型枠

1階の床部分となる配筋と断熱材(ブルー)を一緒に打ち込む型枠

1階工事編

1. 配筋、型枠

道路側より配筋、断熱材(ブルー)、及び窓部分の型枠が見える状態です

 

 

2. スラブ配筋・型枠

2階床部分となる配筋と断熱材(ブルー)を一緒にコンクリートを打ち込む前の状態です

 

2階以上は木造となる為木造基礎配筋をスラブ配筋に絡める

 

2階以上は木造となる為木造基礎配筋を梁配筋に絡める

3. コンクリート圧縮強度試験の現場抜き取り検査

 

4. 根上棟状況(混構造)

2階から混構造の在来木造を建て方中

 

混構造建物:地下1階・1階 RC造
2階・ロフト 在来木造

●地下室のあれこれ
狭小地等、敷地に余裕がない時には地下室は床面積が容積に入りませんのでお勧めです。

弊社では地下室の湿気防止に壁体内換気24時間換気を提案しております。
又、地熱の影響で夏はクラーの要らない程、室内が涼しい(参考:地熱は通年通して15℃です)ので地下居室はお勧めです。
ただ地下工事は場所によってお勧めしたくない場所も有り、少々工事金額もお高く成りますのでお問い合わせください。

以上

田村 照夫

3階建てRC造

●外壁打ち放し 3階建て住宅
1階に横ラインリブをアクセントと施し、2階、3階は木製横ルーバーで建物の硬さのイメージを和らげております。

このページの先頭へ

お知らせ

2014.10.16
耐震住宅100%キャンペーンのお知らせ
2014.08.06
住まいる祭り」のお知らせ
2014.02.17
施工事例を追加しました

過去のお知らせ一覧

主な対応エリア

千葉県佐倉市、成田市、千葉市、鎌ケ谷市、白井市、我孫子市、船橋市、市川市、習志野市、柏市、松戸市、八千代市、取手市

弊社はSE構法登録施工店です