基礎工事編

1. 遣り方

基礎の基本寸法となる遣り方を設定します

2. 根切り

基礎の深さを設計通りの深さまで地盤を掘り下げる作業(砕石地盤補強の為通常より深め)

 

3. 根切り底の転圧

基礎下全体を転圧作業(砕石地盤補強工事の場合)致します

 

地中梁下の地盤を転圧作業(砕石地盤補強工事の場合)致します

4. 根切り状況の確認

地中梁の高さを確認

5. 砕石敷き込

砕石敷き込作業完了

6. 捨コン打ち

建物下全てに防湿シート敷き込、捨てコンクリートを打設致します。

7. 柱固定アンカーボルトの据え付け

SE構法の基礎アンカーボルトは基礎下部より柱に各々直接取り付けます
通常の在来工法アンカーボルトは土台を固定するもので太さが12㎜ですが、SE構法は柱固定用に20㎜アンカーボルトを使用します。

8. アンカーボルト

柱脚用アンカーボルトと通常の土台用アンカーボルト

9. 柱脚固定アンカーボルト据え付け完了状態

手前に有るアンカーボルトが柱固定SE柱脚アンカーボルト その両脇に有るボルトは土台固定一般アンカーボルト

 

SE構法のアンカーボルト据え付けと内部梁配筋作業中

10. 基礎配筋完了

SE構法基礎配筋には内部にも外部と同じ地盤を掘り下げた基礎梁が有るのが特徴です。
又、梁の主筋と言われる鉄筋の太さが在来工法は通常は12㎜が多いのですが16㎜を多く使用いたします。

 

 

 

 

上棟編

1. 建物耐力の要となる床合板及び耐力壁合板の釘

床、及び壁には構造計算で算出された合板固定用の釘を使用いたします。

2. 外壁構造用合板貼り

壁の場所により耐力壁合板を固定する釘の間隔が異なります

3. 高耐力壁 G4

 

4. 高耐力壁 G3

 

5. 一般耐力壁 G2

 

6. 床合板釘打ち

吹き抜け及び、開口部廻りの釘間隔

2. 上棟状況

金物の取付いた柱を建て込みそれから柱に梁を掛けていきます

 

2階床に28㎜合板を敷き込、更に2階柱を建て込み3階床梁を掛けていきます

 

3階床梁及び床28㎜合板敷き込が終われば、いよいよ屋根の小屋梁(登り梁)です

3. 上棟

 

 

上棟も終わり大工棟梁による塩、米、酒を建物4隅に奉納し、工事の安全を祈願する四方祓いで無事上棟完了です。

 

 

耐力壁及び床工事編

1. SE構法柱脚金物

柱:120×120用の柱を固定する柱脚金物

 

柱:120×360用の柱を固定する柱脚金物

 

 

1. SE構法柱脚金物

 

 

 

 

梁、柱、小屋梁の仕口編

1. 柱、梁の仕口・耐力壁合板貼り間柱(真壁納まり)

柱:120×120用の柱を固定する柱脚金物

2. 梁と梁の取り合い

柱:120×360用の柱を固定する柱脚金物

3. 梁下と柱の取り合い

 

4. 小屋梁と屋根合板

 

 

 

 

構造見学編

お客様のご厚意により構造見学会を開催

これまでがSE構法の工事内容となりこれからは仕上げ工事に入ります。
仕上げ工事については在来と同じとなりますが比較的梁を天井から化粧で出す建物が多いのがSE構法です。
SE構法ですと柱と梁の接合部の金物が最小限の露出で済みスッキリと梁を露出で出せることが特徴です。

SE構法らしい建物完成写真

将来露出している梁の上に床を貼り子供室を計画しております。

大空間を計画した2階3階吹抜けのリビング。

このページの先頭へ

お知らせ

2014.10.16
耐震住宅100%キャンペーンのお知らせ
2014.08.06
住まいる祭り」のお知らせ
2014.02.17
施工事例を追加しました

過去のお知らせ一覧

主な対応エリア

千葉県佐倉市、成田市、千葉市、鎌ケ谷市、白井市、我孫子市、船橋市、市川市、習志野市、柏市、松戸市、八千代市、取手市

弊社はSE構法登録施工店です